よもぎのつぶやき

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書感想文

<<   作成日時 : 2014/02/07 18:11   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3


寒い日が続いておりますね。

先日お風呂に浸かった瞬間に出た声が
「あー美味しい!!」でした。
激しく言い間違えです。

幼馴染が幼いころ
「パーマ屋さん」のことを
「ぱーやまさん」と言っていました。

「ぱーやまさん」  今でも辛いことがあるとつぶやきます。



最近、理系女子のことを「りけじょ」と呼ぶそうなんですが、
なんだよ、文系女子は「ぶけじょ」かい、お武家さんの娘さん
みたいじゃないか、と思わず突っ込みを入れたのですね。

なんでも略せばいいってもんじゃない。

ともあれ、理系はえらく苦手で行くとこなくて文系だった自分。
もうね文系の風上にも置けないくらいです。

小学生のころ、読書感想文ってやつを書かされるじゃないですか。
もう、あれが嫌いで嫌いで。

本を読むのは好きですよ。文章を書くのも嫌いではないんです。

ただ、読書感想文を書くと学校の先生にコテンパンにダメ出しをくらうのです。

「なにがいいたいのか、わからない。がんばりましょう。」だの
「根拠のない解釈であり間違った考えである。がんばりましょう。」だの

おいおい、あたしゃ革命家でもなければテロリストでもないぜよ。
ただ突拍子もないだけです。


今考えると顔から火が出るほど恥ずかしいことを書いていました。
ここでは人間性を疑われそうなので差し控えることとします。



患者さんに本を借りました。
小学四年生のジェントルマン、自分の本棚から私のために
選んできてくれました。

もうね、本当に素敵な本で主人公になりきって読みました。

読書感想文を書くとすると

「ジェントルマンのお父さん、お母さん、ジェントルマンと出会わせてくれて
ありがとう!!そしてジェントルマン、生まれてきてくれてありがとう!!」

うん、まったく本の感想になっていない。
でもそのくらい良い本でした。感動して突拍子がなくなった感じです。

読書感想文の前に
その本を選んだときどんな気持ちだったか感想文とか
どのシュチュエーションでその本を手に取ったか感想文とかのほうが
面白いと思うのです。

そして読んだ後の気分とくらべてみるとさらに面白いのではないか、と。

本との出会いも大切に。
心と身体も大切に。



















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、ブログとて面白かったです。
また、1部分に登場させていただき恐縮です。
とっても恥ずかしがり屋のジェントルメンですが、
よもぎ先生のことが大好きで先生が本を喜んでくれていることがわかりとっても嬉しそうでした。
恥ずかしがり屋すぎてなかなか表情がわかりにくいですが彼は次回の鍼を心待ちにしております。
先生と彼の前では私は面と向かってジェントルメンの気持ちをお伝え出来ませんのでプログで失礼します
これからもジェントルメンにとって心を許せるよもぎ先生でいてください。今後共親子ともどもよろしくお願いします。
ジェントルメン母です
2014/02/09 17:08
★ジェントルメンのお母さんへ
コメントありがとうございました。
いつもくだらないつぶやきを読んでくださって
ありがとうございます。私は恥ずかしがり屋の
ジェントルマンはとても素敵だと思っています。
そしてお母さんの笑顔が大好きなんだなぁ、と
感じ、私はお母さんを笑わせるギャグをひたすら
考えてしまいます。素敵なご家族ですね。
いただいたお言葉を深く胸に刻み、これからも
しっかりと治療させていただきます。
ありがとうございました。


よもぎ
2014/02/11 13:34
次回の鍼での先生のギャグ楽しみで眠れません(笑)
鍼ともども楽しみにしています。
よろしくお願いします。
ジェントルメン母
2014/02/13 12:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
読書感想文 よもぎのつぶやき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる